乳児湿疹の原因には様々な理由が考えられる

乳児

乳児に起こる湿疹とは

ご飯を食べる赤ちゃん

乳児湿疹は、様々な湿疹をまとめた言い方でアトピーも含まれます。初期の頃は乳児湿疹と区別がつかないのでそう呼ばれます。慢性的に繰り返す症状でアトピーだとわかりその治療が行われる場合もあります。乾燥も原因の一つで保湿をし、肌を清潔にすることが大事です。

View Detail

原因を突き止めよう

お母さんとベイビー

乳児湿疹というのは、ほとんどの乳児にできるものです。顔や頭に見られることが多く、段々と広がり固くなっていくのが一般的です。原因は過敏になっている皮膚を掻いたりして、刺激が加わるためだと考えられています。

View Detail

赤ちゃんの肌を守るには

オムツ姿の赤ん坊

肌に出来やすい湿疹

生まれたばかりで肌の弱い乳児にはさまざまな種類の湿疹があらわれます。それらを総称して乳児湿疹と呼んでいますが、ほとんどの場合個人差もありますが1歳すぎ頃には自然に治ってしまいます。乳児湿疹には、生後まもなく起こる乳児ニキビがあります。母親の体内で受け継いだ女性ホルモンが原因で皮脂の分泌が多くなるからです。触ったり皮膚の汚れなどで悪化する可能性が高くなります。女性ホルモンが減ってくると皮脂の過剰な分泌はおさまってきます。生後4ヶ月ほどであらわれる症状は乳児脂漏性湿疹です。これは、新生児ニキビと並んで乳児によく起きるブツブツです。かゆみはほとんどありませんが炎症を起こすと腫れあがったりするので厄介です。これも皮脂の分泌が原因で起きる症状です。

清潔にすることが重要

乳児は、体温も大人に比べて高く汗もよくかきます。それが原因であせもになることも多く触ると症状も悪化してしまいます。乳児湿疹は、アトピーの場合もありその原因はよくわかっていません。アレルゲンは、ダニ、ハウスダスト、動物の毛などさまざまな原因が考えられます。症状は繰り返して起こりますが、成長するにつれてその症状はおさまってきます。卵や牛乳などにより湿疹ができる場合もあり、ひどい場合は呼吸困難になることもあるので気をつけましょう。赤ちゃんは、大人に比べて非常に肌が弱く少しの摩擦でも傷ついてしまいます。そこからかぶれて乳児湿疹になることもあります。常に肌を清潔にし、汗をかいたらすぐ拭くようにしましょう、それに、肌の乾燥を守るため乳児用のクリームなどで保湿をすることも大切です。

赤ちゃんに必要なケア

泣く赤ちゃん

赤ちゃんの肌はすべすべだという印象は多くありますが、1歳前後で乳児湿疹が落ち着くまでは顔や首、おしりなどに湿疹がでることがほとんどです。また、原因はなくとも熱を伴う突発性の湿疹などもあるため気になったら誰かに相談してみることが大事です。

View Detail