乳児湿疹の原因には様々な理由が考えられる

笑うベイビー

乳児に起こる湿疹とは

ご飯を食べる赤ちゃん

アトピーも発症する

乳児湿疹は、乳児に起こる様々な症状の湿疹をまとめた呼び方です。その中にはアトピーも含まれ、これはアトピーの遺伝子にかゆみを起こすアレルゲンが影響して起こる湿疹です。アレルゲンには、ダニやホコリ、花粉などがありそれがアトピーを引き起こします。治ったと思ったらすぐ症状がぶり返すのが特徴で、関節の裏の皮膚などに多く湿疹があらわれます。初期の頃は、アトピーが原因だとわからないので乳児湿疹として治療しますが、慢性的に繰り返される症状でアトピーと診断されます。クリニックでは、アトピーと診断された時点でそれに対応する治療に切り替わることもあります。湿疹のかゆみがひどい場合は、ステロイドの塗り薬が処方されることもあります。

乾燥を防ごう

乳児湿疹は、皮膚の乾燥によって起こる場合があり、アトピーが起こる原因の一つとなっています。赤ちゃんは生まれたての頃は、母親の女性ホルモンの影響が残っているので皮脂の分泌が多くなります。そのためニキビのような湿疹が多くできます。それがおさまったら、肌は水分量が減り乾燥がちになってしまいます。それが原因でアトピーが発症したり重症化したりします。これを防ぐために赤ちゃんの保湿を十分にすることが大切です。また、ホコリやダニなどアトピーの原因となるアレルゲンを寄せ付けないよう気を付けましょう。そして、乳児湿疹やアトピーを防ぐため赤ちゃんの肌を清潔に保ち、ベビー服が汚れたり汗をかいたらすぐ取り替えることも大切です。