乳児湿疹の原因には様々な理由が考えられる

笑うベイビー

赤ちゃんに必要なケア

泣く赤ちゃん

綺麗で弱い肌を守る

子供を持つ親の最初の悩みのほとんどが、赤ちゃんのおむつかぶれ、あせもなどの乳児湿疹です。赤ちゃんの肌は、大人よりも潤っていてすべすべのきめの細かい肌ですが、一方でバリア機能が弱いためとても敏感に反応してしまいます。そのため、赤ちゃんの多くは、こうした乳児湿疹を一度は経験するものです。原因として考えられるのは、清潔さを保てていない状態や、生まれたばかりのころは母親からの女性ホルモンなどの影響が考えられます。どちらにせよ、入浴時などにきちんと皮脂や汚れを優しく拭い、清潔にすることで次第に改善されます。中には、アレルギーという原因も考えられるためアレルギー検査ができる月齢になるまで清潔さを保ち、様子を見ながら過ごす必要があります。

清潔さを保つことの重要性

このように、赤ちゃんのうちは清潔さが欠かせないものです。生まれて間もないころは、おむつを替える頻度も多いですしどうしても肌にダメージを与えてしまう機会も多くあります。そのため、なるべく優しく丁寧にということを意識しながらケアしていくことが重要です。乳児湿疹の原因はその子供によって様々ですが、必ず原因はあるので適切なケアを行うことでしだいに症状は改善されます。乳児湿疹が落ち着くのにも個人差はありますし、特徴としては2歳くらいまではよだれなどが多くでるため、それが原因で口まわりが荒れるということもあります。どのような状況でも、親として少しの異変を感じたらすぐに小児科や皮膚科に一度相談するのがおすすめです。